• ダンス未経験、初心者専門レッスン 『カルチャーエス』のロゴ

    自重フィジカルトレーニング

    for woman

    Physical-S

  • マシンも器具も必要ありません。

    ジムより効果的で効く

    トレーニングをお伝えします。

     

     

     

    女性の方に質問です。

     

    女性に最適な筋力トレーニングは

    何だと思いますか?

     

    マシン?

    ダンベル?

    エアロビ?

    ランニング?

     

     

    いいえ。

     

     

    女性こそ

    自重トレーニングです!

     

     

    本気なら

    1回トライしてみて下さい。

     

     

    1回だけで

    フィジカルエスの

    自重トレーニングの効果

    が分かると思います。

     

     

    トレーニングした方の99%

    (ほんとは100%と伝えたい!)

    ほぼ全身筋肉痛になっています。

     

     

    筋肉痛とは悪ではなく

    正義です。

     

     

     

    あなたを必ず効かせます

    筋肉痛にならなかったら全額返金

     

     

     

    老若男女、年齢問わず

    ダンス指導してきた経験から導いた

    女性に適した負荷を実現する

    自重トレーニング

     

    をお伝えします。

     

     

     

    1回覚えてしまえば

    あなたの部屋が毎日ジムに!

     

     

    正しい自重トレーニングは

    お金時間も節約します

  • ▼こんな経験ありませんか?

     

     

    ▶︎DVDを観て真似ても効果を感じない!

    ▶︎大手ジムは高くて食事制限が厳しいだけ!

    ▶︎ジム会費とパーソナル費用が高い!

    ▶︎高い器具買ったけど使わず放置!

    ▶︎飲んで痩せるサプリは信用しない!

    ▶︎楽しいだけでは結果が出ない!

    ▶︎自分では追い込めない!

     

     

    ⬇︎ フィジカルエスの答え ⬇︎

     

    30分のメニューで効果絶大です。

    一度身に付ければジムやパーソナル費用は要らなくなります。

    負荷も調整可能で無理もなし!

    毎日、取り組めば意識高く自信も付きます。

     

     

    ▼こんな事感じませんか?

     

     

    ▶︎夏や海、プールが怖い不安…

    ▶︎旦那に結婚詐欺だと言われてしまった…

    ▶︎お金と時間だけ浪費してるのでは…

    ▶︎このまま加齢と共に終わっていくのか…

    ▶︎これでは女性として終わってしまう…

     

     

    ⬇︎ フィジカルエスの答え ⬇︎

     

    自重メニューを3ヶ月頑張って下さい。

    ジムやスタジオでの並行でも構いません。

    自重トレーニングの効果を実感するはずです。

     

     

     

    ▼こんな目標ありませんか?

     

     

    ▶︎夏に肌をガンガン露出するぞ!

    ▶︎もう一度女性として輝くぞ!

    ▶︎あの人を見返してやるぞ!

    ▶︎子供にスゴイと言わせるぞ!

    ▶︎旦那からご褒美もらうぞ!

     

     

    ⬇︎ フィジカルエスの答え ⬇︎

     

    早速その想いをカタチにしましょう!

    あなたに必要なメニューも考案します。

    効果ある自重トレーニングが身に付くまで、

    僕がアフターフォローします。

  • ▶︎ 何故、自重なのか!? ◀︎

     

    最近、筋肉痛になってますか?

     

     

    身体を変えるには必ず、

    ある程度の管理刺激が必要です。

     

     

    管理とは食事です。

    刺激とは筋肉痛です。

     

     

    マシンや器具では最低限の重さはありますが、

    いくらでも軽い重さに調節出来てしまいます。

     

    重い!辛い!から逃げないこと!

    自分の今をしっかり受け止め支える事。

    これが自重クオリティーです。

     

    仮に、

    ダンベルやマシンで何十回もできる重さで

    やってみて下さい。

    何か感じますか?

     

    では、

    腕立てをしっかり、

    5回深くやってみて下さい

     

    どうでしょうか。

    自分の今を感じましたか?

     

     

    重かったですか?

    余裕でしたか?

     

     

    それが今現在のあなたです。

     

     

     

     

    ▶︎マシンの前に自重です!◀︎

     

     

    スポーツジムのマシンやダンベルなど​は、

    知識や経験がない人にとっては、

    効果を出すまで難しいトレーニングです

     

    その点、自重トレーニングは、

    体を自ら支えるナチュラルな筋力を付け、

    バランスも加わり体幹も共に鍛えます

     

     

     

    自重トレーニングこそ

    最速最短の全身運動です。

     

    僕が

    全て効かせてあげますよ!

  • 目次

    プロフィール

    ダンス経歴

    僕のビフォーアフター

    トレーニングの流れ(60分例)

    費用

     

    Q&A

    運動経験がない人は?

    ・何故あなたは痩せないのか?

    ・代謝とはどういう事?

    痩せる為の順序は?

    肉・米は関係ある?

    細マッチョとは?

    トレーニングが続かない?​

    ・重い物を上げればいい?

    負荷と回数は?

    プロテインは必要?

    筋肉痛は必要?​

    ・もっとガチでやりたい?

    一番フィジカルなダンスは?​

    ・目標を持った方がいい?

     

    お問い合わせ

  • ▼プロフィール▼

    SHINDO

    未経験、初心者専門みずほ台ダンススクールのSHINDO先生
  • 初めまして。

    SHINDOです!

     

    長い紹介ですが、お付き合いください。

     

    私は10代よりダンスを軸にプロとして活動してきました。

    当時のダンス活動は健康とは真逆の生活でした

     

    深夜練、深夜飲み、深夜クラブ、朝帰り

     

    こんな生活を毎日過ごしていました。

    この生活でよく身体を壊さなかったと思います。笑

     

    最近は女性のダンス人口が非常に多いですね。

    それ以外にも、

    ヨガ、ピラティスなど筋トレ以外のボディーケアはほとんど女性が対象です。

     

    あなたはダンスをしていますか?

     

    ダンスは確かに全身運動で太りにくくなることは確かです。

     

    しかし!

     

    それはショーなどのがっちり動く前提であり、

    レッスンぐらいの運動量ではほとんど効果は出ません!

     

    逆に怖いのは、

    やった気になり消費以上に飲み食いしてしまう事です。

     

    ダンスをしてるから鍛えられている!

     

    と勘違いしてはダメですよ!

     

    身体を変えるには、

    ダンス以外にもトレーニングが必要です。

    それさえせずに

     

    痩せない!

    筋肉が付かない!

     

    という、わがままな人が沢山います。

     

     

    トレーニングを毎週定期継続!

    摂取より代謝が勝つ身体作り!

    日常生活で少し意識して動く!

     

     

    筋トレは辞めたらそこで終わってしまいます

     

    摂取以上に代謝が勝つ身体まで頑張れば、

    後は程よいトレーニングだけでも維持が可能です。

     

     

     

    では、

    私の簡単なダンス経歴をご紹介させていただきます。

     

     

    ▼ダンス略歴▼

     

    ● 日本テレビ系列「THE夜もヒッパレ」
      レギュラーダンスユニット

     「KRUD(クラウド)」メンバー

     (振付・パフォーマンス)

      最終回までの6年間出演。

     

    ● Sony Music
      ダンスボーカルユニット

     「KRUD(クラウド)」メジャーデビュー。

     (パフォーマー)

     ダンスに留まらず様々なライブ&メディア活動。

     

    ● 宇多田ヒカル
     「ナチュラルブリーズコンサート」in武道館

     (振付・ライブダンサー)

     

    中川翔子

     「スカシカシパンマン少し変?」

     「ポケモン☆サンデー」

     (振付・出演)

     

    ● アイドルユニット

      「ピンクベイビーズ」
     (育成・プロモーション)

    ...etc

     

    指導歴は20年以上。

    専門学校、芸能養成所、スポーツクラブなど、
    タレント、俳優、アイドルから未経験のお子さん、高齢者の方まで多岐に渡り指導。

     

     

     

    ▼ダンスに興味を持った方はこちら▼

    ダンスサポートサービス

    ➡︎ Culture-S ⬅︎

    (専門サイトに飛びます)

     

    ▼両方に興味持った方はこちら▼

    ダンスもフィジカルも身に付けろ!

    ➡︎ Physical Dance ブログ⬅︎

    (フィジカルダンスブログに飛びます)

     

     

     

  • ▼僕のビフォーアフター▼

     

     

    まずはご覧下さい。

     

     

     

    恥ずかしながら僕です。

    ⬅︎ 25歳  40歳 ➡︎

     

     

     この変化をどう捉えるかは人それぞれです。

     

    ガチの人からは全然甘い!

    と言われそうです。

     

    しかし、年齢とダンスを考慮すると

    あまり大きな筋肉は好ましくありません

    バランスが大事だと思います。

     

    無駄な筋肉は持久力が低く疲れが早いのです。

  • ご相談はこちら。

    納得するまで相談してください!

     

    ➡︎ メールフォーム ⬅︎

  • ▼トレーニングの流れ▼(例)

    〜1枠60分の場合 〜

    (前後にストレッチもやりますが含みません)

    1

    有酸素

    代謝率を上げます

    約10分

    2

    自重トレーニング

    ・メニュー項目確認

    ・フォームチェック

    ・メニュー実践

    (筋力測定も含む)

    約40分

    3

    有酸素

    トレーニング後の有酸素は

    数倍の効果を発揮します!

    約10分

  • 費用

     

    60分から承ります

    -------------------------------------------------------

    個人

     

    60分

    5000円

    (都内交通費、ジム代込み)

     

    30分単位で追加出来ます

    30分追加

    1500円

     

     

    -------------------------------------------------------

    グループ

     

    2〜4

    60分/お一人様

    3500円

     

    30分追加

    1000円

     

     

    人〜

    60分/お一人様

    2500円

     

    30分追加

    500円

     

     

     

    筋肉痛にならなかったら全額返金

    (詳しくはお問い合わせ下さい)

  • ご相談はこちら。

    納得するまで無料相談!

     

    ➡︎ メールフォーム ⬅︎

  • Q&A

    ▶︎運動経験がない人は?◀︎

    まずは自重から始めましょう!

     

    運動経験がない、少ない、または苦手など。

    そんな方は普段運動から逃げる環境になり益々衰えていきます。

    そんな方こそ自重トレーニングです!

     

    自重トレーニングとは、

    腕立て、腹筋、背筋、スクワットなどマシンを使用しない

    ナチュラルな負荷運動の事を言います。

     

    マシンは部分的なアプローチなので、

    ある程度筋力がついてからの方が効果的です。

     

    なので、

    運動経験がない、少ない、または苦手な方は、

    自重トレーニングから取り組み、負荷が足りなくなった後のステージとして

    マシンを取り入れる事が良いと思います。

     

    フォーム間違ってると意味無いですよ!

     

    ▶︎何故あなたは痩せないのか?◀︎

    筋力・食事どちらかに偏っている!

     

    よく聞かれる内容で、

     

    そんな食べていないのに痩せない!

     

    と言う方がいます。

    特に女性が多いですね。

     

    こういう方にはこう言いいます。

     

    それは筋力が全然足りていないか、

    知らぬ間に必要以上に食べたり飲んでいる。

     

    と。

    ある女性は普段から体を動かしているにも関わらず

    無駄な間食をし、寝る前にお酒を飲む習慣がありました。

     

    また、

    そんな食べないのに痩せない

    という産後体重が増えて悩んでいた方は、

    普段から車移動で体を動かす習慣もなく圧倒的に筋力が足りていませんでした。

     

    体重を減らすには食事、

    筋肉のバランスが非常に大事です。

     

    この意識を変えるにはマインドそのものも変える必要があります。

    筋肉があれば少しぐらい不摂生しても代謝が勝ち、

    太りにくい体になるので、そこまでが勝負です!

     

    ▶︎代謝とはどういう事?◀︎

    筋肉を付け無駄な脂肪を消費させる!

     

    人は生きている限り代謝をしています。

    呼吸しているだけでエネルギーを使い、心臓が血を送るにもパワーが必要です。

     

    医学的な知識、解剖学など掘り下げるとキリがありませんが、

    要は、

     

    エネルギーをもっと使え!

     

    という事です。

     

    代謝とは、生活する上で必要な消費活動です。

    この消費力を増加させるブーストの役割が筋肉です。

     

    筋肉を維持するには栄養を必要とし、

    栄養が足りなくなると脂肪から得ようとします。

     

    なので生活エネルギーの他に、

    筋肉維持の為のエネルギーをを使わせることにより

    脂肪が付きにくい体になっていくのです。

     

    昔、プロボディービルダーの方が絞りすぎて寝ている間に

    栄養失調により亡くなったという事例もあります。

    筋肉量に対して消費させる脂肪が無くなり過度な栄養不足となった例です。

     

    これは極端ですが、この理屈を把握している事で

    ダイエット、筋トレの意味合いが変わってくると思います。

     

    ▶︎痩せる為の順序は?◀︎

    食事→筋肉→脂肪燃焼!

     

    まずは食事管理!

    これは普通にわかりますよね。

     

    いくらトレーニングしてもそれ以上に飲み食いしていたら、

    体は大きくなりますが、痩せるとは真逆な行為になってしまいます。

     

    筋トレとは、

     

    食のコントロールが出来た上で、

    効率をさらに上げる為の行為

     

    です。

     

    もちろんガッツリ筋肉をつけたい場合は、

    多少脂肪を付けて、それを筋肉に変えていくという流れになりますが、

    痩せるという意味では、まず無駄な摂取を控える事が重要。

     

    無駄な脂肪を消費させるにはまず、

    筋トレを行い筋肉量によって代謝を上げていく事が重要!

     

    ▶︎肉・米は関係ある?◀︎

    食べ過ぎない事が前提!

     

    肉、米、パンなど主食は色々ありますね。

    よく肉は大丈夫だとか言いますが、

    結局食べ過ぎはダメです

     

    今は遺伝子検査で肉は大丈夫、米は大丈夫。

    など自分の太りやすい食品がわかるみたいです。

     

    しかし、肉でも脂身、霜降りなどありますし、

    米でも玄米などヘルシーな穀物もあります。

    鶏肉も肉類です。

     

    要は低脂肪、高タンパクという普通に言われている食品が1番です。

    そして、野菜などは沢山食べても大丈夫と言われていますが、

    果物は一応、なので食べ過ぎは控えましょう。

     

    ▶︎細マッチョとは?◀︎

    誰でも目指せる筋肉美!

     

    ゴリマッチョはハードルが高いですよね?

    しかし、

    細マッチョは誰でも目指せます。

     

    そもそも人には最低限の筋肉が付いているので、

    脂肪を落とすだけでも、

    筋肉のラインが見えて細マッチョに近づきます。

     

    そこに、

    少し筋肉の厚みを付けてあげれば、

    誰でも細マッチョ

    です。

     

    個々に理想の筋肉美がありますが、

    異性ウケを目指すのか、男としての筋肉美なのか。

    これで目指すステージが変わってくると思います。

     

    ▶︎トレーニングが続かない?◀︎​

    習慣にするには最低21日!

     

    何故、あなたは筋トレをするのか?

     

    三日坊主という言葉がありますが、

    辛い事や、つまらない事を三日もしたら飽きてしまう

    という意味です。

     

    よく自己啓発で言われている事は、

    習慣にさせるには21日や、66日が必要などと言われています。

     

    しかし、日数だけで習慣にするには少し厳しいです。

    習慣化させるにはもう1つ必要です。

     

    それは、

     

    マインドです。

     

    変わる自分を楽しむ。

    変わった自分にワクワクする。

    ここまでしたら引き返せない!

     

    など、取り組む考え方自体を変えていかなければ

    トレーニングは継続出来ません。

     

    まずは、

    自重で少ない回数でも毎日やる!

    ジムに通うなら毎週最低1日は通う!

     

    これを意識していきましょう。

     

    ▶︎重い物を上げればいい?◀︎​

    重さよりフォームが重要

     

    ジムに行くと、

    無理やり重い重量を持ち上げようとしている人がいます。

    まだ体が細いのに、

    重さで満足させようとしてる自己満タイプに多いです。

     

    人には適正の重量があります

    同じ身長、体重でも筋力の違いもあります。

     

    腕立てで考えてみましょう。

     

    腕立ては体重の約6割の負荷と言われています。

     

    自分の体重が仮に60kgだとしたら、

    普通のつま先立ちの腕立てだと、

    約36kgの負荷という事です。

     

    腕立てがろくに出来ない人が、

    いきなり筋量以上のベンチを無理やり上げても

    意味がないのです。

    むしろ怪我を心配してしまいます。

     

    これは腕や背中にも言えます。

     

    しっかり胸を張り、腕の角度を付けて、深くやる

    これを10回できますか?

    20回は?

     

    まずは、しっかりしたフォームと負荷をかけれる様になってから

    次のステージに進みましょう!

     

    ▶︎負荷と回数は?​◀︎

    女性は10回、男性は最低30回!

     

    これは普通の腕立てでの回数です。

    学生時代に運動部だった人は、

    普通にこなせる回数だと思います。
    (ですよね?汗)

     

    しかし、
    社会に出ると運動機会が極端に減るので、
    女性だと普通に1回もしっかり出来る人は少ないかもしれません。

    膝立で負荷を軽くし、
    だいたい10回出来れば良いと思います。
    これでもお尻が浮いてたり、
    フォームが崩れているとあまり意味がありません。

    これが男性だと、ある程度筋力があるので、
    普通に10回は当たり前にやれるようにしたいところです。
    腕立てでも手を置く位置や角度、回数で十分鍛えられます

    重い負荷は大きな筋肉

    少ない負荷は小さな筋肉
    を鍛えると言われ、
    重い負荷は、回数を少なくし大きい筋肉を発達させ、
    逆に少ない負荷は、回数を増やし持久、瞬発力を養います

    また自重の負荷と、
    マシンやダンベルの場合はまた変わってきます。

    目的に合わせて負荷と回数を確認し、
    見せる筋肉と使える筋肉のバランス良く鍛えましょう!

     

    ▶︎プロテインは必要?◀︎​

     

    厳密には必要ない!

     

    これは目的によると思います。

     

    プロテインとはタンパク質です。

    厳密には食事をしっかり食べれば必要ないと言います。

    しかし、食事で摂れるタンパク質は限られているので、

    大きくしたい場合は必要になります。

     

    コンビニのサラダチキンがいい!

     

    とよく言われています。

     

    プロテイン1杯のタンパク質含有量が、

    だいたい20〜25gなので、

    サラダチキン1つで摂取できるタンパク質が25〜29g

    となかなかコスパがいい食品です。

     

    しかし、固形をガツガツ食べるのは負担になりますので

    やはり液状で体内に入れる事がスマートかなと。

     

    昔、ブルースリーが

    生卵、生肉、牛乳、チーズ...etc

    をミキサーしてゴクゴク飲んでいた動画がありました。

     

    さすがに生肉は衛生的にどうかと思いますが、

    このぐらいタンパク質を摂取するという事は

    筋肉に必要な栄養素だという事ですね。

    (真似しないでね!)

     

    ▶︎筋肉痛は必要?​◀︎

    筋肉痛がなければ意味がない!

     

    筋トレをして筋肉痛にならないのは非常に勿体無い!

    と個人的には思います。

     

    しかし、ガチ系になると今日は背中明日は腕

    など部位毎で分けてトレーニングするので、

    筋肉痛にならずとも追い込む感覚が分かっているので、必要がないかもしれません。

     

    にしても、

    筋肉は繊維にダメージを負わせ、

    その修復期間に、

    タンパク質などの栄養を補給する事で発達するので、

    筋肉痛にならないとダメージを負わせてないという感覚になります。

     

    ブチブチと筋を痛めつけて、

    プロテインでご褒美!

     

    このツンデレ作業が筋トレだと思います。

     

    ▶︎もっとガチでやりたい?​◀︎

    最終的にはマシンでガッツリ!

     

    こちらではまず、

    自重をお薦めしていますが、

    最終的に体を作るにはマシンダンベルバーベルに行き着きます。

     

    しかし、ジムとなると少し気が引ける人もいるかと思うので、

    自重でも角度を変えたりコーチングパートナーがいれば

    十分相応のトレーニングが可能です。

     

    ただ知識もなく自重をやると自分のペースになってしまい、

    フォームも負荷も自分流になってしまうので、疲れ損になってしまいます。

     

    ダンス格闘技自重マシンも経てきた自分だからこそ、

    伝えられるトレーニングがあります。

     

    体だけ魅せるフィットネスではなく、
    動きながら体の変化を体現してきたトレーニング

    をお伝えします。

     

    もちろん、

    ご希望の方にはマシン、ダンベルを使用したトレーニングもお伝えします。

     

    ▶︎一番フィジカルなダンスは?◀︎​

    それは、ブレイクダンスです!

     

    ダンスにも様々なジャンルがあります。

    バレエ、ジャス、ヒップホップ、ハワイアン、社交・・・

    キリがないですが、

    その中で最もフィジカルさを必要とするダンスがあります。

     

    それが、

    ブレイクダンス

    です。

     

    トップレベルになると、

    もはやダンスとは言えないぐらいのフィジカルさを求められます。

    筋力だけではなく持久、瞬発力全て必要です。

    練習だけでトレーニングになってしまいそうなジャンルです。

     

    ブレイクダンスと言っても

    パワー系スタイル系に分かれ、

     

    パワー系は名の通り、

    全身を使うクロバットを重視したムーブで、

    スタイル系とは、

    足を使ったタイリッシュさを重視したムーブです。

     

    どちらにしろ床を使うことで、

    まさに、

    自重トレーニングにダンスを加えている特殊なジャンル

    だと言えます。

     

    ▶︎目標を持った方がいい?​◀︎

    誰になりたいのか!


    あなたは誰のどんな体を目指していますか?

     

    イメージがある人は大丈夫だと思います。

    しかし、ただ痩せたい筋肉をつけたい

    という人は注意です。

     

    これは、ただお金持ちになりたい!

    と言っている人と同じだからです。

     

    少し背伸びをしたイメージでもいいと思います。

     

    男性なら、

    ファイトクラブのブラピなんて異性ウケ抜群ですし、

    グラップラー刃牙の鬼の背中イメージでもいいと思います。笑

     

    女性なら、

    話題のトレーナーAYAさんでもいいと思います。

     

    とにかく、ふんわりしたイメージではなく、

     

    筋トレをする時にどこに意識をして、

    イメージを持って負荷をかけるか?

     

    だけで全然変わるはずです。

  • ダンスもフィジカルも身に付けろ!

    ▶︎ Physical Dance ブログ◀︎

    (フィジカルダンスブログに飛びます)

  •  

    お問い合わせ